帰化申請
  許可申請を支援するサイト
 在日韓国人  日本国籍
 
 Step0. 本当に帰化する?
 Step1. 要件の確認
 Step2. 法務局への相談
 Step3. 書類の収集・翻訳
 Step4. 書類を書く
 Step5. 提出・補正
 Step6. 受付(受理)
 Step7. 面談
 Step8. 許可
 Step9. 名義変更手続き

 帰化申請 韓国戸籍の除籍  

新日本人という言葉をたまに耳にします。
意味は、「日本人の血統を持たない日本人」ということのようですが、正式な用語ではなく俗語のようなものだと認識しています。

帰化したときに新しく作られる戸籍謄本に「新日本人」という記載が載ると思われる方がいらっしゃったり、そのような噂があったりしますが、実際にはそのような事はありません。

ただ、帰化をして最初に出来る戸籍謄本には、「〇年〇月〇日帰化 従前の国籍 韓国 従前の氏名 金〇〇」というような記載がされます。
これは原則として他の市区町村へ転籍届けをすれば記載が消えますので、どうしてもこの記載が気になるという方は転籍の届出をご検討下さい。


<<前へ   次へ>>
 

帰化申請専門家による帰化申請サポート
専門家にサポートの依頼を検討されている方はこちら。
59,800円〜
帰化申請帰化に必要な韓国書類の取り寄せと翻訳
基本証明書・家族関係証明書・婚姻関係証明書・除籍謄本など
翻訳も付いてセットで19,800円






西村法務事務所TOP | 帰化申請 | 古物商 | 合資会社 | クーリングオフ | 韓国戸籍