帰化申請
  許可申請を支援するサイト
 在日韓国人  日本国籍
 
 Step0. 本当に帰化する?
 Step1. 要件の確認
 Step2. 法務局への相談
 Step3. 書類の収集・翻訳
 Step4. 書類を書く
 Step5. 提出・補正
 Step6. 受付(受理)
 Step7. 面談
 Step8. 許可
 Step9. 名義変更手続き

 帰化申請 確定申告書  

帰化申請の添付書類として、主に以下のようなときに確定申告書のコピーが必要となります。
確定申告書は原則として直近の1年分が必要となります。

【法人の確定申告書】
○ご自身が会社の役員をされているとき
○同居のご家族が会社の役員をされているとき
○親族の経営している会社に勤めているとき

【個人の確定申告書】
○ご自身が個人事業主をされているとき
○同居のご家族が個人事業主をされているとき
○ご自身が給与所得者でも、親族の経営している個人事業からの給与所得のとき
○何らかの理由で確定申告しているとき(2カ所以上から収入がある場合など)

なお、会社経営者でなおかつ個人の所得も確定申告している場合は、当然【法人の確定申告書】と【個人の確定申告書】両方が必要となります。

この確定申告の収入金額と生計の概要書のつじつまが合っていなければなりません。


<<前へ   次へ>>
 

帰化申請専門家による帰化申請サポート
専門家にサポートの依頼を検討されている方はこちら。
59,800円〜
帰化申請帰化に必要な韓国書類の取り寄せと翻訳
基本証明書・家族関係証明書・婚姻関係証明書・除籍謄本など
翻訳も付いてセットで19,800円






西村法務事務所TOP | 帰化申請 | 古物商 | 合資会社 | クーリングオフ | 韓国戸籍