帰化申請
  許可申請を支援するサイト
 在日韓国人  日本国籍
 
 Step0. 本当に帰化する?
 Step1. 要件の確認
 Step2. 法務局への相談
 Step3. 書類の収集・翻訳
 Step4. 書類を書く
 Step5. 提出・補正
 Step6. 受付(受理)
 Step7. 面談
 Step8. 許可
 Step9. 名義変更手続き

 帰化申請 親族の概要書  

親族の概要書は、申請の代表者から見て、
○ 同居の親族
○ 配偶者(婚約者を含む)
○ 父母(養親を含む)
○ 子(養子を含む)
○ 兄弟姉妹
○ 婚約者
○ 配偶者の両親
を書きます。

既に死亡されている方も忘れずに書いて下さい。
(生まれてすぐお亡くなりになった方も含みます)

また、場合によっては父母の前婚者や異父母兄弟姉妹、生計に関わる第三者も記載が必要なときもあります。




@ 居住地区分
親族の概要書は、日本にお住まいの親族と海外にお住まいの親族を分けて書きます。
「日本」もしくは「外国」どちらかにチェックを入れて下さい。

A 続柄
「父」「母」「兄」など、申請代表者から見た続柄を記載します。

B 氏名・生年月日
日本での氏名・生年月日と本国での氏名・生年月日が違う場合は、原則として本国の書類に合わせて下さい。

C 年齢
申請日時点での年齢を計算します。

D 職業
「無職」「大学生」「会社員」「パート」「美容師」など、職業の概要を記載します。

E 住所
生存者は現住所を、死亡者は死亡日を記載します。

F 交際状況・電話番号・帰化日
○ 現在交際があるか無いか
○ 帰化する意思があるか
○ 今回の帰化申請には賛成か反対か
を記入します。
ご親族さんで帰化に反対の方がいらっしゃる場合でも許可判定には影響しませんので、安心して正直に記載して下さい。

既に帰化をされている親族さんの欄には、その方の日本戸籍謄本を参考に帰化日を記入して下さい。
帰化申請中でまだ結果が出ていない親族さんの欄には、帰化申請をした(法務局が受理をした)日付を記載して下さい。



<<前へ   次へ>>
 

帰化申請専門家による帰化申請サポート
専門家にサポートの依頼を検討されている方はこちら。
59,800円〜
帰化申請帰化に必要な韓国書類の取り寄せと翻訳
基本証明書・家族関係証明書・婚姻関係証明書・除籍謄本など
翻訳も付いてセットで19,800円






西村法務事務所TOP | 帰化申請 | 古物商 | 合資会社 | クーリングオフ | 韓国戸籍