帰化申請
  許可申請を支援するサイト
 在日韓国人  日本国籍
 
 Step0. 本当に帰化する?
 Step1. 要件の確認
 Step2. 法務局への相談
 Step3. 書類の収集・翻訳
 Step4. 書類を書く
 Step5. 提出・補正
 Step6. 受付(受理)
 Step7. 面談
 Step8. 許可
 Step9. 名義変更手続き

 帰化申請 市区町村役場へ行く  

法務局から帰化者の身分証明書の発行を受けたら、指示のあった役場(普通は住所地・本籍地を置く市役所や区役所)に行き、戸籍と住民登録を済ませます。
この時、外国人登録カードの返納を指示される場合が多いです。

この後、各種の名義変更をしなければならないと思いますので、できることならその場で住民票を発行してもらうほうが後の処理がスムーズです。
ちなみに新戸籍謄本は処理完了まで7〜10日前後待たないと発行されない場合が多いようです。


<<前へ   次へ>>
 

帰化申請専門家による帰化申請サポート
専門家にサポートの依頼を検討されている方はこちら。
59,800円〜
帰化申請帰化に必要な韓国書類の取り寄せと翻訳
基本証明書・家族関係証明書・婚姻関係証明書・除籍謄本など
翻訳も付いてセットで19,800円






西村法務事務所TOP | 帰化申請 | 古物商 | 合資会社 | クーリングオフ | 韓国戸籍