帰化申請
  許可申請を支援するサイト
 在日韓国人  日本国籍
 
 Step0. 本当に帰化する?
 Step1. 要件の確認
 Step2. 法務局への相談
 Step3. 書類の収集・翻訳
 Step4. 書類を書く
 Step5. 提出・補正
 Step6. 受付(受理)
 Step7. 面談
 Step8. 許可
 Step9. 名義変更手続き

 帰化申請 韓国戸籍謄本  

平成20年1月1日からの韓国戸籍制度改革に伴い、帰化申請をするためには「登録事項別証明書」(家族関係証明書・基本証明書・婚姻関係証明書)が必要になりました。
さらに平成23年1月1日から、「入養関係証明書」「親養子入養関係証明書」も求められるようになりました。
そしてさらに、平成27年2月頃から、
これらの証明書とは別に、昔の除籍謄本の取り寄せ・翻訳まで求められることになりました。
※除籍謄本について詳しくはこちら

申請をする側にとっても、それを審査する法務局にとっても、かなり大変な作業になってしまったと思います。

登録事項別証明書には、以下のような種類があります。
家族関係証明書
基本証明書
婚姻関係証明書
入養関係証明書
親養子入養関係証明書

上記のうちで帰化申請に必要なものは、基本的には以下の書類です。
申請者本人の、上記5点セット
父の、家族関係証明書・婚姻関係証明書
母の、家族関係証明書・婚姻関係証明書

当所では、上記の書類を「帰化申請9点セット」と(勝手に)呼んでいます。
但し、「父の婚姻関係証明書」は、書類の内容や法務局の担当官によっては不要という場合もあります。
また、これらの書類はハングルで書かれていますので、翻訳文が必要であることは言うまでもありません。

申請をするにあたっては、韓国の身分関係の書類は上記9点セットに加えて旧戸籍謄本(除籍謄本)が別途必要です。
どれぐらい昔のものまで遡ればいいかは、各地方法務局の担当官の判断になりますが、お母さんの生まれ年+16年ぐらいまで遡って求められることを覚悟しなければなりません。
(つまり、お母さんが昭和30年生まれだとすると、昭和46年〜平成20年までの全ての除籍謄本が必要になる可能性があります)

当事務所では、帰化に必要な韓国書類と翻訳がセットになった帰化戸籍基本セットを19,800円でご提供させて頂いておりますので、ご検討下さい。



<<前へ   次へ>>
 

帰化申請専門家による帰化申請サポート
専門家にサポートの依頼を検討されている方はこちら。
59,800円〜
帰化申請帰化に必要な韓国書類の取り寄せと翻訳
基本証明書・家族関係証明書・婚姻関係証明書・除籍謄本など
翻訳も付いてセットで19,800円






西村法務事務所TOP | 帰化申請 | 古物商 | 合資会社 | クーリングオフ | 韓国戸籍