帰化申請
  許可申請を支援するサイト
 在日韓国人  日本国籍
 
 Step0. 本当に帰化する?
 Step1. 要件の確認
 Step2. 法務局への相談
 Step3. 書類の収集・翻訳
 Step4. 書類を書く
 Step5. 提出・補正
 Step6. 受付(受理)
 Step7. 面談
 Step8. 許可
 Step9. 名義変更手続き

 帰化申請 離婚届出書  

離婚届出書、正しくは「離婚届記載事項証明書」あるいは単に「離婚届けの写し」とも言います。
これは、当時の届出書のコピーに市区町村長の証明文が入ったもので、離婚届けをした市区町村役場に請求すれば発行して貰えます。
1通あたり350円です。
近くの役場であれば直接窓口に行ったほうが早いですが、遠方の場合は郵送請求するほうが便利です。
郵送請求する場合はゆうちょ銀行の定額小為替を使って支払いをするのが一般的です。

両親のものと、帰化申請者本人のものを要求されます。
但し、当事者の一方が日本人の場合はこの離婚届出書は不要で、その代わり離婚の記載が入った日本人側の戸籍謄本(または除籍謄本)が必要となります。
もちろん両親・本人共に離婚暦がなければこの書類は不要ということになります。

両親の離婚届の場合、どこの役所へ届けをしたのかということが問題となりますが、まずはご両親や親戚がご存命の場合は直接聞いてみるのが一番てっとり早いでしょう。
通常、離婚届けがされているのは両親の当時の住所地の可能性が高いです。

どうしても離婚届出書が見つからない場合は、調査した全ての市区町村役場に「探しましたが保管がありませんでした」という旨の一筆をもらって下さい。
無料で書いてくれるところと、正式な証明書(1通300〜350円必要)の形でなければ発行してくれないところがありますので問い合わせてみて下さい。
この書類には必ず、請求書に書き込んだ内容+役所が探した届出日の検索範囲を明記するようお願いしましょう。


<<前へ   次へ>>
 

帰化申請専門家による帰化申請サポート
専門家にサポートの依頼を検討されている方はこちら。
59,800円〜
帰化申請帰化に必要な韓国書類の取り寄せと翻訳
基本証明書・家族関係証明書・婚姻関係証明書・除籍謄本など
翻訳も付いてセットで19,800円






西村法務事務所TOP | 帰化申請 | 古物商 | 合資会社 | クーリングオフ | 韓国戸籍