帰化申請
  許可申請を支援するサイト
 在日韓国人  日本国籍
 
 Step0. 本当に帰化する?
 Step1. 要件の確認
 Step2. 法務局への相談
 Step3. 書類の収集・翻訳
 Step4. 書類を書く
 Step5. 提出・補正
 Step6. 受付(受理)
 Step7. 面談
 Step8. 許可
 Step9. 名義変更手続き

 素行要件  


帰化申請をするための3つめの条件は、素行要件です。
この素行要件が最も引っかかりやすく、大事な要件です。
これは特にきっちり決まったきまりというものはなく、
総合的な判断になりますので、微妙な場合は帰化申請の専門家へご相談されることをお勧めします。
また、素行要件は在留資格が特別永住者かどうかによって審査の厳しさが若干変わってきます。

【前科・犯罪歴】
前科や犯罪歴は、許可が下りるかどうかを判断する大きな基準となりますが、ある程度の年数が経過していれば問題ない場合が多いです。

【破産歴】
破産に到った経緯にもよりますが、悪質な場合を除き、免責決定を受けてから2年程度経過していれば受け付けてくれることが多いです。

【重加算税】
脱税などで重加算税を課せられることがありますが、きちんと修正申告した上で納税を済ませておられて、ある程度の期間(2〜3年程度)が経過すれば受け付けてくれることもあります。

【運転経歴】
素行要件で一番引っかかりやすいのがこの運転経歴です。
違反の頻度や時期、行政処分の回数などにより総合的に判断されます。
交通違反の回数や内容に関しては、一般的に皆さんが思われているより実際は緩いですので不安のある方は一度お気軽にご相談下さい。

【交通事故】
最近交通事故を起こしたという方は、出来るだけ早めに民事上の示談を終了させるようにしましょう。

【納税状況】
過去1〜2年の所得税・住民税が滞納状態になっていれば、申請をする前に完納しておきましょう。
会社員の方で給与から天引きになっているような方はまず問題ないと思いますが、給与から引き落とされていないような方や個人で確定申告などをしている場合には注意が必要です。
また、会社経営者や、会社を経営している親族の方の収入で暮らしておられる方は、その会社の過去2〜3年の法人税・法人県民税・法人市民税・法人事業税などが完納になっているかどうか確認しておきましょう。
この項目は、同居されている方全員についてチェックが必要です。

【年金支払状況】
昔は年金の支払い状況が審査の対象になることはほとんどなかったのですが、平成24年7月の外国人登録制度改正に伴って、原則として審査対象となりました。
もちろん収入などの関係で免除の手続きをされている方は問題ありません。
年金が未納状態でも申請できる場合もありますので、詳しくは無料相談をご利用下さい。

【家族の素行について】
ご両親やご兄弟に犯罪者がいらっしゃるような場合でも、基本的に帰化申請は本人さんの素行が問題となりますので、影響は少ない場合がほとんどです。
ちなみに当所で過去に、父と兄が暴力団員で兄が殺人罪で服役中という方の帰化申請を代行させて頂いたことがありますが、無事に許可を受けました。


<<前へ   次へ>>
 

帰化申請専門家による帰化申請サポート
専門家にサポートの依頼を検討されている方はこちら。
59,800円〜
帰化申請帰化に必要な韓国書類の取り寄せと翻訳
基本証明書・家族関係証明書・婚姻関係証明書・除籍謄本など
翻訳も付いてセットで19,800円






西村法務事務所TOP | 帰化申請 | 古物商 | 合資会社 | クーリングオフ | 韓国戸籍