帰化申請
  許可申請を支援するサイト
 在日韓国人  日本国籍
 
 Step0. 本当に帰化する?
 Step1. 要件の確認
 Step2. 法務局への相談
 Step3. 書類の収集・翻訳
 Step4. 書類を書く
 Step5. 提出・補正
 Step6. 受付(受理)
 Step7. 面談
 Step8. 許可
 Step9. 名義変更手続き

 帰化申請 履歴書  

帰化申請の履歴書は一般的な履歴書とは様式・書き方が異なり特殊な内容になります。

帰化申請者は全員必要となりますが、15歳未満のお子さんは不要です。




@ 氏名
本国のお名前を記載します。

A 年月日
和暦で記入します。
書けるのであれば、年・月・日を記入しますが、詳細が分からなければ年・月または年のみの記載でも大丈夫です。

B 居住関係
生まれてから現在までの居住暦を記入します。
詳しい番地など詳細が不明の場合は「以下不詳」などとしても差し支えありません。
但し他の取り寄せた書類(住民票閉鎖外国人登録原票の写し韓国の証明書出生届け婚姻離婚届など)や生計の概要書などとつじつまが合うように注意しましょう。
住所の最後には「○年○月○日まで」と転出した日付を書きます。
現在お住まいの住所の欄には末尾に「(現在まで)」と付け加えます。

C 学歴・職歴
学歴は、小学校から最終学歴までを(転校した場合も)記載します。
学校の校区と住所のつじつまが合っているかチェックが必要です。
職歴については、会社名と職種を記入し、生計の概要書住民税納税証明書確定申告書などとつじつまが合っているかチェックしましょう。
現在されているお仕事の欄には末尾に「(現在まで)」と付け加えます。

D 身分関係
身分関係の欄には主に以下の記載をします。

【自身の出生】
「出生」と書きます。

【婚姻・離婚】
「日本人:○○○○と婚姻届出」「同国人:○○○○と離婚届出」などと書きます。
事実婚がある場合も同様に「日本人:○○○○と事実婚」などと書きます。

【子の出生】
「長男:○○ 出生」などと書きます。

【父母の死亡】
「父 死亡」などと書きます。

【その他】
養子縁組など、特別な身分関係がある場合は書きます。

そしてそれを時系列順に並べ替えます。
必ず隙間(空白期間)が生じないように注意して書きます。




@ 氏名
本国のお名前を記載します。

A 出入国暦(最近○年間)
特別永住者の方は直近3年、それ以外の在留資格の方は直近5年分を記載します。

B 期間
出国した日・入国した日を正確に記入します。
パスポートを参考にしながら書くと良いでしょう。
出入国記録を取り寄せているのであれば、それを見ながら書いても書きやすいです。

C 日数
出国した日・入国した日を含めた渡航日数を記入します。

D 渡航先
国名を記入します。

E 目的、同行者
何をしに行ったのか、同行者は誰かを簡単に書きます。

F 技能資格
運転免許を含め、お持ちの資格を書きます。
例えば運転免許証の場合ですと、「平成○年○月○日 第1種普通自動車運転免許取得 免許証番号 123456789012」などと記載します。

G 賞罰
今まで受けたことのある賞罰や、交通違反などを書きます。
交通違反は運転記録証明書を参考に書いて下さい。
5年以上前の軽微な違反については書けないと思いますので、「その他軽微な違反3回程度」などとまとめて書いても差し支えありません。

H 確認欄
こちらは法務局のほうで記載しますので、空欄にしておいて下さい。



<<前へ   次へ>>
 

帰化申請専門家による帰化申請サポート
専門家にサポートの依頼を検討されている方はこちら。
59,800円〜
帰化申請帰化に必要な韓国書類の取り寄せと翻訳
基本証明書・家族関係証明書・婚姻関係証明書・除籍謄本など
翻訳も付いてセットで19,800円






西村法務事務所TOP | 帰化申請 | 古物商 | 合資会社 | クーリングオフ | 韓国戸籍