帰化申請
  許可申請を支援するサイト
 在日韓国人  日本国籍
 
 Step0. 本当に帰化する?
 Step1. 要件の確認
 Step2. 法務局への相談
 Step3. 書類の収集・翻訳
 Step4. 書類を書く
 Step5. 提出・補正
 Step6. 受付(受理)
 Step7. 面談
 Step8. 許可
 Step9. 名義変更手続き

 帰化申請 居宅付近の略図  

帰化申請者が過去3年間に居住や勤務した場所の地図を書きます。

住所や勤務先が同じ申請者が複数人いらっしゃる場合には、一人について作成するだけで結構です。

ごく一部地域の法務局ですが、特殊なフォーマットを使用している場合があります。
事前に管轄の法務局で確認しましょう。





@ 氏名
氏名を本国名で記入します。

A 地図
駅などの目標からの経路を中心に作成しましょう。
ネット上の地図や住宅地図を貼り付けるなどして頂いても結構です。
(使用権や著作権にはご注意下さい)

B 住所
住所と最寄り駅などからの所要時間を記入します。

C 連絡先
自宅に固定電話を引いてない場合は「なし」と記入して下さい。
その他欄には携帯番号を記入します。


<<前へ   次へ>>
 

帰化申請専門家による帰化申請サポート
専門家にサポートの依頼を検討されている方はこちら。
59,800円〜
帰化申請帰化に必要な韓国書類の取り寄せと翻訳
基本証明書・家族関係証明書・婚姻関係証明書・除籍謄本など
翻訳も付いてセットで19,800円






西村法務事務所TOP | 帰化申請 | 古物商 | 合資会社 | クーリングオフ | 韓国戸籍