帰化申請
  許可申請を支援するサイト
 在日韓国人  日本国籍
 
 Step0. 本当に帰化する?
 Step1. 要件の確認
 Step2. 法務局への相談
 Step3. 書類の収集・翻訳
 Step4. 書類を書く
 Step5. 提出・補正
 Step6. 受付(受理)
 Step7. 面談
 Step8. 許可
 Step9. 名義変更手続き

 帰化申請 外国人登録原票記載事項証明書  

平成24年7月9日の法改正以前までは、帰化の審査で年金記録に関する書類を求められることは、ほとんどありませんでした。
しかし今回の法改正で、年金の加入・納付状況を確認することになったようです。

基本的に求められる書類は以下のようになっています。

給与所得者 前年度の源泉徴収票などで、年金が給与天引きになっていることが確認できれば、追加の書類は特に必要なし
自営業者または確定申告義務者 直近年度のねんきん定期便または年金納付の領収書など納付が確認できるもの
(年金免除を受けている場合はそれが分かるもの)
・従業員を雇用している法人経営者
・常時5人以上雇用している個人事業主
(サービス業の一部を除く)
・厚生年金の適用事業所
上記に加え、事業所としての年金加入・納付状況が分かる資料



<<前へ   次へ>>
 

帰化申請専門家による帰化申請サポート
専門家にサポートの依頼を検討されている方はこちら。
59,800円〜
帰化申請帰化に必要な韓国書類の取り寄せと翻訳
基本証明書・家族関係証明書・婚姻関係証明書・除籍謄本など
翻訳も付いてセットで19,800円






西村法務事務所TOP | 帰化申請 | 古物商 | 合資会社 | クーリングオフ | 韓国戸籍