帰化申請
  許可申請を支援するサイト
 在日韓国人  日本国籍
 
 Step0. 本当に帰化する?
 Step1. 要件の確認
 Step2. 法務局への相談
 Step3. 書類の収集・翻訳
 Step4. 書類を書く
 Step5. 提出・補正
 Step6. 受付(受理)
 Step7. 面談
 Step8. 許可
 Step9. 名義変更手続き

 帰化申請 住民票  

帰化申請者本人を含め、同居者全員のものが必要となります。

外国人特有事項を含めて、全ての項目が載っているものを用意しましょう。
具体的には下記の項目が必要ですので、必ず確認が必要です。

氏名(本名)
通称名
生年月日
性別
国籍
在留資格
在留期間
外国人登録番号
過去5年間の居住歴
氏名または生年月日を訂正しているときは、訂正前の内容

住民票は、住所を置く市区町村役場に請求すれば発行して貰えます。
料金は各市区町村役場によって違っています。
郵送請求する場合はゆうちょ銀行の定額小為替を使って支払いをするのが一般的ですが、手数料を事前に問い合わせてお釣りのないようにしましょう。

また、在留資格が特別永住者の方を除いて、配偶者・元配偶者との婚姻期間中の居住歴を証明するための住民票も必要となります。
住民票だけで証明し切れない場合は、戸籍の附表が別途必要となります。


<<前へ   次へ>>
 

帰化申請専門家による帰化申請サポート
専門家にサポートの依頼を検討されている方はこちら。
59,800円〜
帰化申請帰化に必要な韓国書類の取り寄せと翻訳
基本証明書・家族関係証明書・婚姻関係証明書・除籍謄本など
翻訳も付いてセットで19,800円






西村法務事務所TOP | 帰化申請 | 古物商 | 合資会社 | クーリングオフ | 韓国戸籍