帰化申請
  許可申請を支援するサイト
 帰化申請 在日韓国人  帰化申請 日本国籍
 Step0. 本当に帰化する?
 Step1. 要件の確認
 Step2. 法務局への相談
 Step3. 書類の収集・翻訳
 Step4. 書類を書く
 Step5. 提出・補正
 Step6. 受付(受理)
 Step7. 面談
 Step8. 許可
 Step9. 名義変更手続き
 お勧めサイト

 帰化申請 このサイトについて  

H27/2より、帰化に必要な書類が大幅に増えました
H24/7/9の法改正により、帰化の手続きが大きく変わりました!

帰化申請情報サイトへようこそ!
このサイトでは、帰化をするための手続き方法や手続きの流れなどを、法律知識の全くない人にもご理解いただけるよう極力優しい言い回しで公開しています。

なお、当サイトは日本でお生まれの在日韓国人(特別永住者)の方の帰化手続きを想定して書かれてあります。
それ以外の国籍・在留資格の方の場合、手続きや必要書類が若干異なりますのでご注意下さい。
また、各地方の法務局によっては、このサイトに書かれてある情報と一部異なる独自の取り扱いをされている場合もありますのであらかじめご了承下さい。

帰化申請の手続きを進めていくためには、
@ 行政書士などの専門家を利用する方法と、
A 自力で頑張る方法があるかと思います。

【@番、つまり専門家の利用をご検討されている方】

まずは無料相談をご利用下さい

世の中に帰化について正しい知識のある方などほとんど存在しません。
ですからまずはとにかく無料相談をご利用下さい。
ご相談されることによって帰化に関する疑問点や不安をスッキリさせることができ、今後の帰化申請の方向性が見えてくると思います。
帰化の無料相談は全国どこにお住まいの方でもご利用できます。
一般の方だけではなく、司法書士先生や行政書士先生からのご質問も大歓迎です。
 

専門家による帰化申請サポートとは

何から始めればいいのかサッパリ分からない、忙しいので時間が取れない、うまくいくかどうか不安がある、という方には、専門家による帰化サポートをお勧めします。
書類の取り寄せ・翻訳・作成はもちろん、法務局との交渉・調整・申請同行までサポートさせて頂くサービスもあります。

費用を抑えるため、韓国から取寄せる書類の収集と翻訳だけを依頼したい方は、韓国取寄せ翻訳セット19,800円をご検討下さい。



【A番、つまりご自身で頑張られる方】

帰化申請を全てご自身で手続きされる方のために、当サイトでは書類の収集方法・記載方法・注意点など詳細に書いてあります。
平日お時間に余裕があって粘り強い性格の方であれば、一つずつご自身で作り上げ申請することも不可能ではありません。
帰化申請の流れより、順番に読んで下さい。

但し、ご自身で手続きをしたからと言って全く費用がかからないということではありません。
各種書類の発行手数料・交通費・通信費・翻訳代などの経費は必ず発生しますので、数万円の資金をあらかじめご用意されることをお勧めします。

基本的には自力で進めて行きたいが、韓国の書類収集と翻訳だけ任せたいという方は、韓国取寄せ翻訳セット19,800円をご検討下さい。


すぐに帰化申請の流れを確認するのはこちらからどうぞ。

当サイトに記載の情報の転載・リンクはフリーですのでご自由にどうぞ。
業務に携わってらっしゃる先生からのご意見・ご質問も歓迎致します。

 帰化申請の流れ  



ご自身で申請をされる場合、次のような流れになります。


 帰化申請 step0



 帰化申請 step1



 帰化申請 step2



 帰化申請 step3



 帰化申請 step4



 帰化申請 step5



 帰化申請 step6



 帰化申請 step7



 帰化申請 step8



 帰化申請 step9



帰化申請専門家による帰化申請サポート
専門家にサポートの依頼を検討されている方はこちら。
59,800円〜
帰化申請帰化に必要な韓国書類の取り寄せと翻訳
基本証明書・家族関係証明書・婚姻関係証明書・除籍謄本など
翻訳も付いてセットで19,800円






西村法務事務所TOP | 帰化申請 | 古物商 | 合資会社 | クーリングオフ | 韓国戸籍